日本にはあまり無いリゾートホテル。普通のホテルと一緒と思っていると、充分に楽しめない。
私の経験では、せっかくの設備充実の高級リゾートホテルでも、日本人は普通のホテルの様に泊まるだけで、充分に活用しないことが多いように思う。

この記事では、私なりのリゾートホテルならではの楽しみ方をまとめてみた。


1.部屋のグレードにこだわろう

リゾートホテルには、部屋のグレードがいくつかある。ガーデンビュー、オーシャンビューなどの部屋からの眺めでの区分と、スイート、コテージなどの部屋の大きさや作りに関する区部からなる。

特にホテル過ごす時間の多いのんびりタイプのリゾートでは、部屋のグレードが旅行の満足度を大きく左右する。高額なスイートルームに泊まる必要は無いが、できればオーシャンビューの部屋を選んで欲しい。部屋から他の建物や中庭しか見えないのと、海が見えるのとでは全く気分が変わってくる。
ホテルによっては値段も数千円しか違わないこともある。
コテージもプライベート感があり、のんびりできて最高なので、予算が合えばぜひ!

IMG_5709
部屋のグレードの重要性に気づかせてくれた、カオラックのビーチフロントコテージ。この時は無料でアップグレードだった。

2.ルームサービスを頼んでみよう

良い部屋が取れたら、一度はルームサービスで食事を頼んでみて欲しい。たいていのホテルではレストランとほぼ同じメニューがが注文可能。部屋というプライベートな空間で、ゆっくり食事が楽しめる。
良い部屋を取った上で、テラスで海を眺めながら食事をするのは最高だ。

IMG_1782
同じくカオラックのバルコニーにてランチ

3.スパ・マッサージを楽しもう

東南アジアはマッサージが安いところが多い。ホテルは外のマッサージ屋より高いが、それでもリーズナブルな事が多いので女子にはマストトライ。
ここでは東南アジアでメジャーなマッサージを二つ紹介。
この二つは東南アジアはどこでもあり、タイにもバリマッサージがあるので、バリにもタイマッサージがあるため、自分の好きなタイプを分かっていると便利。

・タイマッサージ
指圧だけでなく、肘や膝など全身を使いマッサージしてくれる。ストレッチを組み合わせたような感じで、腕や足を色々な方向に引っ張られたりしながら各所を押される。
体中が伸びて気持ちよく、私は好きだが、体が硬い人には痛く感じることもあるらしい。
通常、モンペのような服に着替え、オイルなしでマッサージするので、裸になったりベタベタするのが嫌いな人にも丁度いい。

・バリマッサージ
こちらはオイルをたっぷり使い、指を長くすべらせて、リンパなどを刺激するタイプ。
オイルもいい香りなので、リラックスや美肌効果もある。
通常紙パンツのみに着替え、一応タオルで隠してくれるが、かなり体が露わになるので、彼氏彼女でない異性や、気心の知れない人と行くのは避けよう。

④ツアーデスクを活用しよう

ほとんどのホテルはホテル内にツアーデスクがあり、そこで街の歩き方を聞いたり、ツアーを予約したりできる。
よっぽどの人気スポットでない限り、前日や当日の朝に予約しても受け付けてくれることがほとんど。
アクティブ型のリゾートに行った場合は、ホテルに付いたらまずツアーデスクに行って滞在中の計画を立てよう。

個人的な意見だが、せっかくのリゾートステイで、事前に計画を立てて予定調和になるのはもったいないと思う。
ツアーデスクを活用すれば、デスクのスタッフと相談しながらフレキシブルに予定を立てられる。リラックスして、良い意味での行き当たりばったりを楽しもう。

余談だが、のんびり型のホテルでは食事もツアーの予約も全てホテル付けで支払うことができるため、現地通貨を全く両替しなくても何とかなったりする。

⑤海で泳ぐならビーチの目の前のホテルを選ぼう

プライベートビーチでなくても、海が目の前で半プライベート化しているホテルは多い。
ビーチの目の前のホテルであれば、部屋で水着に着替えてそのまま出られるほか、タオルをホテルで借りて使ったらそのまま返却でき、シャワーもすぐ浴びれるので便利。
ホテル専用のビーチチェアが借りられることも多い。

20180219_143355
プーケットにて、ホテルのバーより目の前のビーチを眺めながらビール。


以上、参考になれば嬉しいです。①の部屋のグレードは特におすすめ。考えてみてください!