旅行をする時に地味に気になること…それはトイレ!汚いだけでなく、紙がない、水浸し、など日本人にはカルチャーショックが大きいですよね。実は国によってトイレの使い方はかなり違うのです。

この記事では東南アジアの人のトイレ文化を消化しながら、日本人として出来るだけ快適に用を足す方法を紹介します。


IMG_0045

途上国はトイレの個体差が大きい

シンガポールはもちろん、他の国でも大型のショッピングモールや博物館などではこの記事で書く様なトイレの問題はありません。それでも日本のトイレと比べると汚いと感じるかもしれませんが、少し便器が汚れている程度はヨーロッパ等でも同じです。トイレットペーパーで拭きとって使いましょう。

問題は移動中のトイレ休憩所、寺院や遺跡にあるトイレです。また発展途上度が高いラオス、ミャンマー、カンボジアなどは、空港などでさえトイレ問題に遭遇する可能性がありますので、準備と心構えが必要です。

紙がない問題

これは定番。紙が切れているのではなく、東南アジアは水と手で拭き取る文化のため必要ないのです。日本人には抵抗があると思いますので、もちろん真似しなくて大丈夫。ティッシュを持ち歩けばいいのです。ティッシュは身体を拭き取るだけでなく、便器など気になる部分の汚れを拭き取ることができるので、東南アジア旅行には重宝します。途中でなくならないように、沢山持っていきましょう。綺麗好きな方は除菌テイッシュがあるとなおよし。

紙が流れない問題

日本でも水溶性でないティッシュは流すと詰まるので、自分で持ち込んだティッシュは流してはいけないというのは日本人でも常識だと思います。問題は、途上国のトイレでは水溶性のティッシュすら流せないことがあるのです。備え付けのものを使ったのに流れないということも多々。流れるか流れないかの判断はなかなかつけられませんが、途上国のあまり整備されてないトイレであれば、とりあえず流さずゴミ箱に捨てた方が安全です。

水浸し問題

東南アジアの人たちは水と手で拭き取ると書きましたが、実際どうやるのかというと、トイレについている小さなシャワーか、備え付けの洗面器を使います(シャワーは東南アジアでは先進的、田舎は洗面器)。そこから発生するのがこのトイレ水浸し問題。便器だけでなく、辺り一面びしょびしょになっていることもあります。

私なりの対処法を紹介します

①下水ではないと理解する
トイレが水浸しだと、どうしても下水が漏れていると想像してしまいがちですがが、ただの水です。この事実を理解して、まずは気持ちを落ち着かせましょう。

②ティッシュで拭き取る
便座の水は、ティッシュで拭き取りましょう。そのためにもティッシュを大量に持っていくことを忘れずに。

③そこが厚い靴か、ウォータープルーフの靴にする
床が濡れているので、底が薄いサンダルなどは足が濡れてしまうリスクが高いです。トイレ問題リスクの高い国に旅行に行く際は、底が厚めでかつ防水性のあるスニーカーを履いていくのがお薦めです。

④空気便所を覚える
これが一番強い方法。要は体を浮かせて用を足すのです。そうすれば汚れていても関係なし。ややコツがいりますが、よく旅行する人は覚えておいて損なし。一つコツを紹介すると、便座がある場合は上げてしまった方がやりやすいです。


以上、東南アジアのトイレ問題と対処法でした。その他対処法をご存知の方はコメント欄でぜひ共有ください!