マレーシア隠れリゾート!ティオマン島に行ってきました(2017年2月)
ブログを描き始める前に行った島なので、写真が全然ないです…でもとても良かったので紹介したくて書きました!写真は他のサイトでみてください…

【総評】
ダイバーに人気の場所だけあって、海の綺麗さと魚や海の生物の豊富さはピカイチ。ダイビングをしない人はシュノーケリングでも充分魚が見られる。

20170130_190215
ホテル内の桟橋。島内は陸路でなくボートで移動するので、ここからボートタクシーなるもので他のエリアに移動する。

【基本情報】
マレーシア東側にあるリゾート島。メルシン国立公園という保護区に属し、珊瑚や魚を見にダイバーも多く訪れる。
シンガポールから車やバスでメルシンという街まで3時間ほどかけて行き、そこから船で1時間ほど移動。ベストシーズンは4ー9月、2月に行ったら雨季でダイビングショップは閉まっていました。

【項目評価】

穴場度 ★★★★☆
アクセスもあまり良くないので、穴場感は強い、それでも乾季はそれなりに賑やかなよう

ビーチ透明度 ★★★★★
島のすぐ側でシュノーケリングをするだけで、魚だけでなくサメやウミガメにも出会える

海系レジャー ★★★★★
ティオマンに行ったら必ずダイビングかシュノーケリングをしましょう

陸上レジャー  ☆☆☆☆☆
やることありません

フード・ショッピング ★☆☆☆☆
食事は基本的にリゾートホテル内、買い物もちょっとしたお土産屋さん程度

【ビーチ】
天気がよくないので写真では綺麗に見えないかも知れないが、ビーチはとても綺麗。
深いところまで行かなくても魚がうようよいる。砂はやや固め。

【海系アクティビティ】
何をおいてもダイビングまたはシュノーケリング。
魚は多いだけでなく種類も豊富で色鮮やか。それなりの確率でウミガメやサメも見られる。(私はどちらも見られませんでしたが、友人はサメに会ったようです)。雨季でも申し分なしの満足度。

【陸上アクティビティ】
基本的に何もない。
冒険心でホテルから島の中心部まで歩いてみたら、蛇沢山とトカゲ沢山とイグアナ一匹に遭遇…基本的に移動手段はボートで、陸上の道は整備されていないので、とても歩きにくい。

【フード・ショッピング】
ホテル内での食事がメイン。マレーシア料理のナシゴレンやサテーのほか、イタリアンやタイ料理などインターナショナル。
メインエリアはレストランは幾つかあるようだったが、あまり清潔な感じではなかった。ダイビングショップと、ちょっとしたお土産さやんもある。

次は乾季に行きたい!でも雨季でも十分楽しめたティオマンでした