バクテー第三弾、こちらも超有名なFounder Bak Kut Tehに行ってきました。Ng Ah Sio Bak Kut Tehとも近いので、両方訪れて食べ比べも可能。


アクセス


バレスティアという北部エリア。赤色地下鉄ラインのNovenaとToa Payohの間あたりにある。
この辺りは謎のバクテー激戦区で、同じ通りにバクテー屋が複数あるので間違えて入らないように。

20190410_184304

店内は小汚さはないものの、ローカルらしい雰囲気。
有名人の写真が壁中に貼ってあり、日本人らしき有名人もちらほら。
20190410_184544

メニュー

バクテー・その他スープと野菜など。バクテー屋としてはスタンダードなメニューだと思う。

20190410_184406

定番のFounder Bak Kut Tehを注文。
シンガポールらしく一口目は痺れを感じるほどの塩っぱさだが、Ng Ah Sioと比べるとまだマイルド。
肉の脂がスープに滲み出ていでスープにも脂身があり、その分肉はさっぱりめの印象。
20190410_184827

その他野菜や揚げ豆腐も味付けが濃い目のものが多かった。
20190410_184844

良く言えばバランスが良く食べやすいが、悪く言えば強い特色がある訳ではないので、アクセスが悪い中行くほどの価値はないかも知れないと思った。
他の用事で近くに行く機会があれば、ぜひ行ってみてほしい。

以上、参考になれば嬉しいです!