シンガポールはメイド文化については別記事でも書きましたが、実は私もパートのメイドさんに月2回お掃除をお願いしています。ここでは私の体験記を書きたいと思います。

結論から言うと私はトラブルもなく良いことばかりで、一生やめられなくなりそうです!

シンガポールのパートメイド事情
シンガポールでよくあるフルタイムのメイドは、フィリピンなどの外国からの労働者が多く、住み込みで掃除・洗濯・料理から子供の世話までなんでもします。
一方、パートのメイドさんは専用のビザがないので、シンガポール人か永住権取得者のみ。時間料金でお願いしたいことのみをお願いします。値段は1時間$20ー30前後。平日料金の方が安いので、私は鍵を渡して平日に来てもらっています。私がお願いしているのは部屋の掃除のみですが、洗濯やアイロンがけをお願いする人もいるようです。

IMG_0049

メイド紹介会社
最初は大手のA-teamというところを使っていました。
きちんと教育されていて安心ですが、$400前後の紹介料がかかり、これが初期費用だけでなくメイドが自己都合で来れなくなった場合に新たなメイドを紹介してもらうのにもかかるのです(半年以内の変更は無料)。
私も最初に来てもらったメイドが1年後に自分の国に帰るということで来れなくなり、そこでまた$400を払う必要があるとわかって契約を辞めました。今は友人に紹介してもらったメイドに個人的にお願いしています。

A-team


メイドを雇ってよかったこと
部屋は綺麗な方が快適なのは誰でも一緒ですが、水回りなど丁寧にやろうとすると半日かかってしまい、せっかくの週末の4分の1を無駄にするのはもったいないですよね。一人暮らしなら月2回来て貰えば十分なので、$20 X 1回3時間 X 月2回 = $120/月で部屋が清潔に保てるなら費用対効果としてはかなり高いと思います。

何より、きちんとトレーニングされたメイドさんが掃除してくれるので、自分でやるより断然きれい!私のメイドさんは2時間程度でテキパキと掃除をし、部屋中ピカピカにした上に散らかっているものの片付けまでしてくれるので、メイドさんが来てくれる度にお願いしてよかったと心から思います。

またシンガポールの貸家オーナーはちょっとした汚れなどにもうるさいですが、メイドを雇っていれば家を綺麗に保てるので、退去時のトラブルも少なくて済みます。私の以前住んでた家は、トラブル0でデポジット全額返金されましたよ!これはかなり珍しいことです。


独身女性がメイド雇って何が悪い
日本人として、とくに独身女性として、掃除をメイドに頼むというのは、贅沢・怠惰・結婚できないなどという意見も多いかと思います。私自身そう言われるのが面倒なので、近しい人以外にはメイドを雇っていることは秘密にしています。(奥様が主婦の場合よりも、独身女性がメイドを使う場合の方が風当たりが強い気さえします。仕事してるのに…)

働く自分へのご褒美として、仕事とプレイベート両方を満喫するための投資として、独身女性にももっとメイドを活用することを提案したいです。