シングリッシュとは?

日本人の間で使われるシングリッシュという言葉は、単語だけでなくイントネーションや発音、文法など、シンガポール人が使う英語全体を表します。イギリスやアメリカの英語とはかなり様相が異なり、実際他の国の人とは問題なく英語が話せる人でも、シンガポール人の英語の理解に苦しむことも多いです。

一方、シンガポール人にとってのシングリッシュとは、この記事で紹介するような独特な単語や言い回しのことをいい、イントネーションや発音のことはさしません。というか本人達は訛りがあると思っていない。これは日本人の地方出身者で、思いっきり訛っているのに標準語を話せていると思っている人がいるのと同じですね。

シングリッシュへの誤解
上記の通り、シンガポール人にとってシングリッシュは訛りのことではないので、相手が訛っているという理由だけでYou speak Singlishとか、Your Singlish is difficult for meなどというのは失礼なので気をつけましょう。

もう一つよくある誤解で、何にでも語尾にLaをつける、またはOK laを連発する人がいるが、Laはシングリッシュのごく一部でしかありません。La=シングリッシュと思っている時点でシンガポールをバカにしていると思われ、反感を買いやすいです。また後述しますがOK laは単に大丈夫という意味ではないです。

IMG_0039



これが本当のシングリッシュだ!

よく使われるシングリッシュのフレーズをまとめてみました。多くは、中国の福建語、広東語、またはマレー語から来ています。(シンガポール人の中華系の人は福建や広東をルーツに持つ人が多く、言語だけでなく食べ物や宗教など色々な所に影響しています)

語尾
La(ラ)
OK la で有名な代表的なシングリッシュ、OK la以外にも、Can la!(できるよ!)など、自分の意見を強調したいときに語尾につける。OK laも、単に大丈夫だと言っているのではなく、相手が大丈夫でないと言っていても大丈夫だと押し通したい場合、逆に自分は大丈夫じゃないと思っていたが、相手の説得に負けて「じゃあ良いよ」と妥協する場合などに使われる。

Ma(マ)
肯定文の最後につけると疑問文になる。OK ma? は、Is it OK?の意味。You Singaporean ma? Tasty ma? など、何にでも付けられる。

フレーズ
Alamak (アラマッ)
Oh my god! 思いがけないことが起こったとき、何かがうまくいかなかった時に使う。日本語の「あらまぁ」に意味も発音も近い。

Wa Lao Eh(ワーラオエー)
Why are you like this? 相手に対して文句を言いたい時などに使う。なんだそれ!という感じ

Zhun bo(ジュンボ)
Are you sure? 相手の冗談に突っ込みたい時、相手の言っていることが信じられない時に使う。

Bo Jio(ボージョー)
You never asked me! 自分が知らない所でイベント等が開催されていて、何で誘ってくれなかったんだと言いたい時に使う。
実際は、誘われるはずもないイベントや、大して行きたいと思ってない場合に冗談として使うことも多いので、本気でとらないこと。

Ka Ni Na(カニナ)
Fuck your mother とても失礼な言葉なので、気の許せる人にしか使わないこと。
日本語のカニ鍋と発音が似ているということで、日本人とシンガポール人の間で話題になることがある。

その他、英語でSinglishで検索すると色々な言葉が紹介されているので、興味のある人は調べてみましょう。