悲しいですが、近々日本に帰任することになり、身の回り品の整理をしています。
そこで、Carousellというシンガポール版フリマサービスを使って不用品を販売してみたので、その結果と感想をレポートします!





Carousellって?

シンガポールの東大、シンガポール国立大学(通称NUS)の学生が立ち上げたネットベンチャー。
不用品をネットで販売し、買い手を見つけて売るいわゆるフリマサービス。
日系企業では楽天も出資しているらしい。


中古品以外にサービス・不動産なども扱っており、シンガポールで手に入らない品物を買い付けてCarousellで売るというビジネスも成り立っている。
皆様も日本に一時帰国の際は、珍しいお酒や化粧品でも買ってきてCarousellで売れば良いお金になるかも知れない。本来は違法だが…

登録は名前やメールアドレスなど最低限の内容を登録するだけ。出品も商品の写真を撮影して、カテゴリ選択や内容の記述などいたって簡単。

Screenshot_20190410-211011_Chrome


メルカリと違う点

日本で人気のメルカリ。
最近まで日本に住んでいた人なら使ったことがあるかも知れないが、メルカリとCarousellの違いをまとめてみます。

品物は手渡し

品物は発送するのではなく、売り手と買い手が連絡を取り合って落ち合い、手渡しする。(希望すれば配送も選べるがあまりやらない。)国土の狭いシンガポールだからできる芸当。
大きなものだと買い手が売り手の家まで取りに来てくれるし、小さなものではお互いが都合の良いMRT(地下鉄)の駅で待ち合わせをして、一方は改札の中から出ず改札の柵を超えて品物を渡す(交通費がかからないため)様子もよく見かける。

メルカリはたいてい売り手が送料を負担するので、送料を差し引いても利益が出るか?を常に考えなくてはいけないし、利益が出ない場合は売らずに処分するしかない。
その点、Carousellは送料を気にする必要がないので、$5でも$10でも売るだけ得なのである。これは勿体無い性の日本人にはもってこい、売れそうなものは何でも売ってしまおう。

値切りがデフォルト

Carousellでは買い手から値下げをリクエストされることが非常に多く、むしろ値切られないことはほぼないと思って良い。これはシステムの違いというより文化の違いと言った方がいいだろう。(メルカリでも値切ることはできるので)
アプリ上についているチャット機能で、上記の手渡しの場所や時間の調整に加え、何ドルなら買うよ?と言った値段交渉が始まる。

メルカリでは高い値段をつけてしまうと誰も買わないのに対し、値切りプロセスがあると自然と適正価格に落ち着くのは良いが、最初に連絡を受けた人の値切りを断ったらその後結局誰にも売れなかった…など駆け引きになってしまうのは難しいところ。
ひとまず、値切られることを全体にデフォルト価格は高めに設定しておくことをお勧めする。

支払いは現金か銀行振込

費用の支払いは大抵現物を渡す時に現金で渡す。金額が大きい場合は銀行振込(PayLahなど)になることもあるらしい。
ここで注目したいのは、メルカリと違ってCarousellは仲介手数料を取っていないということだ。Carousellの主な収入源は広告と、売りたいものを上位に表示するなどの有料サービスらしい。
送料がかからないだけでなく出品手数料もかからないので、何度も言うが売った金額がそのまま利益になるのがCarousellの魅力だ。



Carousellで不用品を売ってみた結果

私は不要なテーブルランプと椅子(バーチェア)二つのセット、本数冊を売りに出した。

テーブルランプ

ライトは新品に近い状態だったこと、原価がそれなりに高いものであったことから2日ほどで買い手がついて、家まで取りに来てくれた。
$40で出したところ$30に値切られたが、これはむしろ想定範囲内。
何回も言うが、送料がかからず収入がそのまま利益になるのは気分が良い。ちなみにこのランプの原価は$80前後だ。

バーチェアx2

バーチェアとはバーカウンターで使うような背が高く座面が小さめの椅子。
白い座面で汚れが目立つせいか、2個という中途半端な個数だからか、普通は家庭で使うようなものではないからか、2週間ほど経っても買い手がつかず値段を下げたが、それでも買い手が見つからず引越し日を迎えてしまったので残念ながら処分した。
メルカリでもそうだが、何でも売れる訳ではないという教訓になった。

ニッチ市場なのでそんなすぐ売れないだろうな〜と思ったし、実際まだ売れていない。
出品を見ると同じ本を出している人もいて競合も多そうだ。
シンガポールに残る友人に託して気長に待つことにした。



最後に、日本人は出向など短期で来ている人も多いし、こちらで買った家具や備品を帰任時全て持って帰る訳にもいかないと思います。
Carousellを使えばお金が手に入るのはもちろん、使えるものを捨てる後ろめたさを感じなくて済むので、帰任時の身の回り品の整理に皆さんもぜひ使ってみてください!