更新が遅れてしまいましたが、マレーシアの人気リゾート、ランカウィに行ってきました!(2019年4月)


ランカウイで泊まったホテルはこちら!

1.総評

陸上の自然が豊か。特にマングローブツアーは、マングローブ・猿・蛇などに加え、トビやコウモリなど他の島では見られない動物も色々見られて、ビンタンやコタキナバルで行ったマングローブツアーと比べても良かった。

小さな島なので移動にそこまで時間もかからず、見所も多過ぎないので2泊前後で行くのがちょうど良さそう。

残念ながら2004年の津波でサンゴ礁が破壊されてしまい、海は濁っていて綺麗ではない。

2.基本情報

マレーシア西海岸、ペナンより更に北の、タイとの国境近くにあるリゾートアイランド。
地質学的に貴重な島であるということで、ユネスコの世界ジオパークに登録されている。

現首相のマハティールが前首相時代に第二のペナンということで開発に力を入れた島で、全てが免税なのでお酒など嗜好品が安く、フォーシーズンズやセイントレジスなど5つ星の高級リゾートホテルが多く進出している。
ちなみにマハティールは2018年の選挙の際ランカウィから出馬した。

日本からは直行便はなくクアラルンプールなどで乗り換えが必要。シンガポールからAirAsia、Scootなど直行便あり。(2019年4月現在)

3.項目評価

穴場度 ★★☆☆☆
人気リゾートではあるが、そこまで混んでいたり特定の国の人でごった返しているようなことはなかった。

ビーチ透明度 ★☆☆☆☆
日本の海を彷彿とさせるような、濃い青。砂混じりで濁りが強い。

海系レジャー  ★☆☆☆☆
ジェットスキーなどやろうと思えばできるが、海が綺麗でないので気持ちよくないと思う。

陸上レジャー  ★★★★★
豊かな自然が残されている。東南アジアでも中々見られないトビやコウモリなどの動物が見られる。

フード・ショッピング ★★☆☆☆
島内免税ではあるが、大型のデパートやショッピングモールはない。食べ物も特別なものはない。

4.ビーチ

セナンビーチ

ビーチはいくつかあるが、一番有名なのはセナンビーチ。
期待していなかったけど想像以上の濁り様だった。
環境汚染というより、津波でサンゴがなくなってしまったことにより水をフィルターするものが無いため濁っているらしい。
20190419_184850

5.海系レジャー

南側にあるパヤ島周辺の海洋公園はシュノーケリングやダイビングに人気スポットらしい(ペナンからも行ける)。
ランカウィ自体は水が濁っていて、シュノーケリングなどをしても面白みに欠けるそう。

6.陸上レジャー

ランカウィはこちらがメイン。充実していて満足。

ケーブルカー

ランカウイで皆行く定番スポット。
こんなに長いケーブルカー他にあるだろうか?というくらい、とにかく長くて高い。
写真中央に見えるオレンジの屋根がケーブルカー乗り場なので、その高さと長さがお分かりいただけるだろう。
20190418_144351

頂上には韓国を意識した感じの南京錠がズラッと並んでました。笑
20190418_145957

スカイブリッジ

ケーブルカーで登った先にある橋。
風で揺れるのが感じられて普通の人でも結構怖いので、高い所が苦手な人は絶対避けたほうがいい。
20190418_151236

サルがゴミ箱から漁ったアイスを食べていた。
20190418_151213

スカイブリッジまでは歩くか乗り物に乗るか。歩いても10分程度だが、急な階段を登り降りしなければいけない。
20190418_140558

乗り物で行くならスカイグライドと命名された、斜めに進むエレベーターのようなもの。
行きで歩き疲れたので、帰りはMYR10を払ってこちらに乗った。
20190418_155913

キリム・カルスト・ジオフォレストパーク

マングローブ林ツアーで多くの人が訪れる自然公園。
マングルーブだけでなく鷲やトビなどの野生動物、洞窟での鍾乳洞・コウモリ見学などもりだくさん。
私たちはボートツアーにしたが、カヤックのツアーも人気。

今回はTrip Advisorでの評判がずば抜けて良かったこちらのツアー会社を利用。
自然保護を重視していて、環境に悪影響を与える観光の有り方に反対している。ガイドの知識も豊富でフレンドリー。
Dev’s Adventure Trour

日本人向けのツアー会社もあるらしい。

まずはコウモリの洞窟からスタート。
気持ち悪い写真で申し訳ないが、肉眼でも鳥肌が立つくらいズラッとコウモリが並んでいる。
昔は千羽以上いて洞窟中コウモリで埋まっていたが、洞窟内にLEDライトが埋められて一時期全てのコウモリが居なくなったそう。
今はライトは撤去され、数百羽程度まで戻ってきている。
20190419_113118

マングローブの中を小さなボートで進んでいき、動物が見えたら止めてくれる。
こちらは野生の犬。初めて見たが、可愛げがある中にも狩りをするオオカミ感が感じられた。
1558143181347

こちらがランカウイのシンボル、イーグルスクエアの銅像にもなっているBrahminy kiteという鳥。イーグルと呼ばれているが実際はトビ。
20190419_131702

この鳥とは別に白い鷲も見られ、どちらも比較的近い距離で飛んでいる姿を確認できた。

他のツアー会社からは餌やりツアーも出ているが、これは生態系に悪影響を与えてしまうそうなので、皆さんも参加しないように!

7.フード・ショッピング

基本的にフードやショッピングを求めるならペナンなど他の場所に行った方がいいと思う。

セナンビーチ周辺

セナビーチ周辺はちょっとした繁華街になっていて、ちょっとしたお土産屋さんなどがある。
あくまで「ちょっとした」ものしかない。
20190419_185559

グルメに関してもランカウィ特有のものはないが、おしゃれなレストランなどが所々ある。

Fat Qupid - Cafe & Restaurant
こちらはセナンビーチからちょっと離れたところにある西洋料理とニョニャ料理(マレーと中華を結合させたマレーシア・シンガポールに独特の料理)のレストラン。
写真のチキンサテーは柔らかく、今までに食べたことのない美味しさだった。
20190419_193124

クアタウン

セナンビーチが観光客にとってのランカウィの中心地なのに対し、こちらはローカルにとっての中心地。
ランカウィのシンボル、イーグルスクエアという鷹(正確にはトビ)の銅像も同じエリアにあるが、ちょっとした免税店などがあるだけで日本人にとって魅力的な買い物スポットはないように思った。


以上、参考になれば嬉しいです。
東南アジアはすでに沢山旅行してきましたが、コウモリや鷹など今まで見られなかった動物が沢山見られたのは良かったです〜