シンガポール人に人気のシンガポール料理レストランをまとめてみました!

シンガポールで本当に美味しいお店は、ガイドブックに載ってない?

シンガポールは、ガイドブックに必ず載っているような観光客に人気の店と、シンガポール人に人気の店の乖離が激しい国。
ガイドブックのグルメページをシンガポール人に見せると、「そんなところ観光客しか行かないよ、全然おいしくないじゃん〜」と言い捨てられるこも多々。

グルメにはうるさいシンガポール人。
屋台フードが根付いているからこそ、シンガポール人が長蛇の列を作る郊外の小汚い店と、観光客を呼びやすい中心部の小綺麗な店とが分断されてしまうのでしょう。

でもせっかくの旅行、観光客向けの店しか行かないのはもったいないと思いませんか?
シンガポールは郊外に行っても治安や衛生面やに心配はありません。(ただしホーカーはテーブルやトレイが清潔でないので、一度お皿から落ちた食べ物は食べないこと)
また中国語しか通じない店も時々ありますが、そこは気合で何とかなります。

シンガポールに来る人に、シンガポール人がおすすめするような美味しい料理を食べてほしい。そんな思いを込めて筆を取ります。
(一部ガイドブックに載っている店もあるりますが、シンガポール人に人気のある店しか載せていないのは確かです)

各店の行き方やメニューなどは、一つ一つ訪れて詳細な記事にしています。リンクが無いお店は現状記事なしです。
(チリクラブは一人二人で簡単に行けない特性上、記事化が遅れています。しばしご辛抱ください。)
ローカルフードも目指せ全制覇!

1.ホーカー

シンガポール人の魂、ホーカー。
物価の高いシンガポールで、なぜか$5(400円)前後で一食食べられる安さもあってか、一日三食ホーカーで食べる人もいるくらい。
シンガポールでコンビニなどのお惣菜が流行らないのは、きっとホーカーのせいだろう。

ここではシンガポール人で知らない人のいない超人気ホーカーを二つ紹介。

ちなみにホーカーに関しては他にも色々記事を書いているので、そちらもぜひお読みください。
ホーカーで楽しむシンガポールローカルグルメ
ホーカーでの注文の仕方と便利な英語・中国語


シンガポールで最も有名と言っていいホーカー、観光客向けではないが有名すぎて載せているガイドブックもあるほど。迷ってしまいそうなくらい広い構内は、朝から晩までローカル客で賑わっている。味は文句なしだが、屋内で薄暗く、観光客が行くにはあまり写真映えしないのが残念。
地下鉄・黄色ラインのDakota駅近くで、中心部から行きやすい。

20190318_190808


個人的に旅行者に一番おすすめしたいホーカー。Old Airportより規模はかなり小さいが、屋外で雰囲気がよく、ほどよいローカル感を味わえる。
アクセスが悪いのが難点で、北東部にあるが徒歩圏内に地下鉄がないのでTaxiを使うことになる。
Serangoon Gardenというバーやカフェが集まっているエリアがすぐ隣なので、食事後にそこでゆっくりするのもいい。
夕方からしか開いていないので注意。


ちなみにガイドブックに絶対に載っていてシンガポール人の評判がすこぶる悪いのはLau Pa SatとNewton Food Centre。
Lau Pa Satは特に観光客がよく行くが、もともと評判が悪かったのに加え2014年に改装されてから半分以上が日本食などローカルフードでない店舗になってしまった。ガイドブック系に行くならMaxwell Food Centreが一番おすすめ。 



2.チリクラブ

シンガポール料理の定番、チリクラブ。
他のシンガポール料理と違い屋台料理ではないので、少し特別感のあるディナーにしたいとき、中華らしく大人数で囲って食べられるのが嬉しい。その分お値段の張る店も多く、美味しくても高い店はシンガポール人はあまり行かない。
食べると手がベタベタになるのが難点だが、チリソースはパンにつけて食べても美味しい。

Mellben Seafood
週末は行列ができる人気店。予約も受け付けていないので並ぶしかしかないのが難点だが、それでも並ぶ人がいるんだから味の良さは折り紙付き。
北部の住宅街Ang Mo Kioにあり、最寄駅から遠いのでタクシーがおすすめ。

Roland Restaurant
チリクラブ発祥の店。実は甲殻類があまり好きではない私だが、ここのチリクラブは臭みがなく美味しく食べられた。
プラナカン建築で有名な東部カトンの、Parkway Paradeというショッピングモールの脇にあるが、お店が見つけにくいので注意。

Lond Beach Seafood Restaurant
ローカルにも観光客にも人気のメジャーどころだが、ガイドブックに載っている系の中では庶民的な値段と雰囲気。
リンクはOld Airport Food Centreの近くにある店舗だが、他にも二店舗ある。


その他ガイドブック系でいうと、マーライオンすぐ横にあるNo Signboard Seafood Restaurantは味も悪くなく、観光客にはアクセスしやすくておすすめ。ただ高い。
Jambo Seafood RestaurantとRed House Seafood Restaurantは高い割に美味しくないとシンガポール人には不人気。

1552220210061

3.チキンライス

こちらもシンガポールの定番料理、ハイナン(海南)チキンライス。油っぽい料理が多いシンガポール料理の中で、さっぱりヘルシーなのも嬉しい。
鶏肉はもちろんだが、鶏肉を蒸した水で炊いたお米も美味しい。

ここで紹介する中で一番ローカル感のあるお店。東部、カトンショッピングセンターのフードコート内にあるお店で、食事時は長蛇の列ができる。観光客にもぜひトライして欲しいおすすめ店。

有名チェーン、ガイドブックにも必ず載っているが、ローカルにも大人気。シンガポールに10店舗以上構えているが、リンク先のRiver Vally点が一番中心部から行きやすい。

こちらもプラナカン建築で有名なカトンにあるお店、小綺麗で観光客にも入りやすい。Kampungはマレー語で村という意味で、マレーシアやインドネシアの村で檻に入れられず育てられた鶏肉をKampung Chickenと言う。鶏肉そのもの旨味と脂身を楽しめる。

こちらも観光客にも人気のお店で、メニューに日本語もある。Orchardから二駅のNovena駅の近くなので観光客にも行きやすく、ショッピングモール内なので小綺麗。
どローカルなお店に行く勇気のない人におすすめ。


20190119_113333

4.バクテー

中国から移住してきた労働者の食事として発達したというバクテー、漢字では肉骨茶と書く。なるほど働いて汗をかいた後に食べたくなりそうな脂っこさと塩辛さだ。シンガポールで人気のバクテーは潮州(Teo chew)スタイルという。

胡椒が強く効いたザ・Teo Chewバクテー、塩っぱいのが苦手な人は避けた方が良い。店内は伝統的なインテリアでかつ清潔なので、この記事で紹介している店の中ではインスタ映え度高し。距離的にはOrchardから比較的近いが、近くに地下鉄の駅がないのでタクシーで行こう。

こちらも人気店で、胡椒が強く効いたバクテー。店内に有名人の写真がたくさん張ってある。深夜2時半まで空いているので、日本で言うラーメン的な感じで飲んだ後の一杯に使われる店。Ng Ah Sioと同じエリアにあり、近くに駅がないのでタクシー必須。

こちらも深夜過ぎまで空いている人気店。上記二つほど胡椒が強くなく日本人でも食べやすい。またチャイナタウン近くのTanjon Pagarが最寄駅なので、観光客にも行きやすい。

Sin Heng Claypot Bak Kut Teh
お隣マレーシアでは福建スタイルと言う胡椒でなくハーブをベースにしたさっぱり味のバクテーが人気。そんな福建スタイルを食べてみたい方におすすめのバクテー屋さん。ぜひシンガポール版と食べ比べてみてほしい。
こちらもイーストエリアのJoo Chiat Roadにある。
line_140893544383993

5.ラクサ

マレー料理と中華が混ざったニョニャ料理と言うシンガポールらしい料理。米粉の麺、ココナッツベースに辛味の効いたスープがやみつきになる。
プラナカン建築でも有名な東部のカトン・ラクサが特に有名で、複数店舗がカトン・ラクサ発祥の店を名乗っている(笑

現在本店は西部にあるものの、カトンラクサ発祥を名乗る店の一つ。チリがスープに混ざってないので、入れないでおいてもらえば辛いのが苦手な人にも食べられる。北東部Upper Paya Leberにも二号店あり。

クレイポットは土鍋のこと。土鍋でラクサを出してアツアツのまま食べると言う、この店発祥のユニークなアイディア。西部Queenstown駅からかなり歩いた、ローカル感満載のホーカーの中にある。

カトンラクサと言えばここ、ガイドブックにも必ず載っているお店。紹介してみたものの、観光地化されすぎてローカル人気は下がっている印象。
近隣に二つ店があるが、どちらに入っても大丈夫。フランチャイズ展開しているため、カトン以外にもいくつか店を構えている。

20190307_221211
 
以上、参考になれば嬉しいです。ガイドブックだけをアテにせず、シンガポールグルメを満喫して下さいね!

まとめてみると、改めて東部カトンにローカル店が集中していることを実感しました。地下鉄が通っておらず(2019年3月現在建設中)行きにくいですが、中心部からタクシーですぐで観光名所のプラナカン建築も見られるし、ぜひ訪れて色々なローカルフードを試して欲しいです!